2016年11月10日

米国大統領選

愛知県豊田市と名古屋へ出張中。
米国大統領選があった。
以前本ブログで英国EU離脱の時に、国民投票が離脱で決定したならば、トランプ氏勝利もあり得る。と述べたが、その通りになってしまった。
世界全体に乱気流が巻き起こった。

選挙目前のFBIの再調査などヒラリーさんが負けた理由は多々あるのかもしれないが、米国内に潜む閉そく感の様なものがトランプ大統領を生む事になった要因なのではないか?
富が集中し過ぎて、中間層以下、好景気の影響を受けていない事の様だ。(あくまでも報道から受けた印象)
また、あれほど「チェンジ」を叫んで当選したオバマ大統領だが、何もチェンジ出来なかっただけではなく、米国の世界的な位置づけをおとしめた印象があり、民主党政権にアンチが発生したのもあるだろう。
日本は株価が暴落。同じくアベノミクスの恩恵がない人々の閉そく感が日本でも何か違う方向に行きそうな気がしてきた。
トランプ氏の当選が日本にとてつもない不利益を生む様な報道があるのも確かだが、「未知数」なだけで予測しにくいだけなのではないか?
いよいよ日本も同盟国の大きな変化にどの様に対応できるか試される時が来たというべきであろう。

私的に興味深いのは沖縄の基地問題。
日本が費用を負担しなければ撤退との事で、いよいよ本気で沖縄から基地が無くなる日も非現実的な話では無くなったという事だ。選挙では常に二分されて来た沖縄が基地問題のイシューで争う事も無くなるのだ。あえて非現実的と言ったのは、反対反対と叫んでいる人々の中にも実際は無くならないだろうという前提の様なものが存在するという事だ。
少し前にも機動隊が土人発言して問題になったが、我々の世代で土人やエスキモーを差別用語だと思う人はそんないないのではないか?と思う。
土人と言えばチビクロサンボだし、エスキモーはアイスクリームなのだ。
もっと言えば、本当に言ってはいけない言葉なら、国会で土人土人と追求するテレビ中継さえナンセンスであろう。本来なら「ピー音」で消されるはずなのでは?

それにしても、今年はなんと番狂わせが多い年なのであろう。
大方の予想や、これまでの延長というのがことごとく外れたり終わったりしている。
さて、地場では青森市長選挙が行われる。
これもどうなるかは分からない。
いずれ内外を震撼させるぐらいの乱気流を起こす様な人になって頂きたいものだ。
失われた青森市の7年を挽回するにはそのくらいのエネルギーがないといけない。
単に首がすげ変わっただけではいけないのだ。

仕事柄よく飛行機に乗る。
飛行機はできる限り乱気流の起こるところを避けて飛ぶが、どうしても遭遇することがある。シートベルトサインの遅れで乗客や乗務員が天井に飛ぶなど、乱気流は怖い。(運良くそんな場面に遭遇した事はない)

様々な意見もあろうが、現実が乱気流の様に揺さぶられなければ分からない人もいる。
怖さを知ることが人間時には必要なのだ。


posted by サンライズマン at 11:09| Comment(0) | 社長の日記