2017年11月30日

大相撲

大相撲の横綱日馬富士が貴ノ岩へ暴行を行った。
haruma.jpg
「横綱の責任として本日をもって引退させて頂きます」が昨日のニュース。

法治社会である日本が暴力は犯罪であると法律で決まっているのに、一部の世界だけは大丈夫という訳は無い。
会見で日馬富士は貴ノ岩へ謝罪していない。
その場に居合わしたモンゴル人力士同士で手打ちになっていたのに、貴乃花親方が被害届を出して大げさにしてしまった。
自分の部屋の力士が他の部屋の力士に頭を縫うほどの怪我をさせられ力士生命を危ぶまれているのだから引退は当然だ。
日馬富士は普段酒癖は悪くない。
ビール瓶では殴っていない。が、カラオケのリモコンでは殴った。
スポーツの世界では多少の体罰は有り得るのだから引退までは必要ないのでは?
真面目な力士(日馬富士)だからもったいない。
などなど賛否両論である。
更に今日になって横綱白鵬が、「貴乃花親方が巡業部長のうちは巡業に参加しない」などと今度は駄々をこねているようで益々論議が多様に続きそうだ。

「多様」今はやりのことばだとダイバシティとでもいうのだろうか。
多様な意見を言うのは勝手なのだが、多様な意見を取りまとめる人がいない。
会社であれば、社長などの経営陣がその取りまとめ役となるのだが、話題の多様性に関してはもっぱらマスコミかネット上のSNSなどで、要は「いい放し」なのである。

日本の国技に外国人。
そもそもこれもどうかとも思うが、現実はモンゴル人力士が今の大相撲人気を支えているといっても過言ではないだろう。
彼らモンゴル人力士もそういう自負は少なからず持っているはず。
外国人に日本人として。。。とか横綱の品格。。。などこれもまた曖昧な価値観であてはめてみてしまっていいのだろうか?
ようやく出てきた日本人横綱の稀勢の里は、横綱初土俵で優勝をした翌場所から4場所連続の休場。
この原因を作った怪我の相手も日馬富士だったとなればますます話は混迷するだろうか?笑

東京へちょくちょく出張に行く。
行けば必ずと言っていいほどコンビニに立ち寄る。
そこにいる店員さんで胸の名札に日本人の名前が入っている人が少ない。
多くの外国人で今の日本経済が回っているのが現状なのだ。

大相撲が国技ならば、国民はそれを守ろうとするベクトルに向かわなければならない。
外国人力士を云々する以前に、現状、彼らが時代の只中で大相撲の伝統を紡いでいることは確かである。
顕在化したことを対岸の火事のように論ずるのではなく、憲法改正と同じように「国技を守る」という目的に向かって議論が行われるべきではないか?
hakuho.jpg
万歳をした白鵬を一方的に訓告や注意を与えるのではなく、一人の外国人としてなぜそうしたのか?彼の「価値観」ということを表面に出さなければ、およそダイバシティな環境づくりは出来得ない。
daibasithi.jpg
単一民族が跋扈し、幅を利かせていたかつての日本とは現実が変わってきているのだ。
国技だからこそ、そういったイノベーションを積極的に取り入れて発信することが、国技として日本人に影響を及ぼす。国技が国技たる所以を私はそんなところに求めたい。
そういう私も一方的なブログでの発言をご勘弁。
kokugikan.jpg

軽未使用車 サンライズ
サンライズ 軽未使用車
軽自動車 青森
青森 軽自動車
軽自動車 弘前
弘前 軽自動車
軽 青森
青森 軽
軽 弘前
弘前 軽


posted by サンライズマン at 20:11| Comment(0) | 社長の日記