2018年02月18日

上海視察紀行V

翌25日は宿泊先での講演から始まりました。
「滴滴(ディーディー)」は簡単に言えばウーバーの中国版。ウーバーは今、欧米で人気のタクシーアプリです。タクシーと言ってもタクシー会社に所属しているわけではなく、日本風に言えば「白タク」です。
中国のホテルのコンシェルジュでタクシーをお願いすると、ホテルマンはいきなりスマホを取り出します。電話を掛けるのかと思いきや、前述の滴滴(ディーディー)アプリを起動してタクシーを呼ぶのです。
駅や空港にほぼタクシーは停まっておらず、このアプリが無いとタクシーに乗れないというのが現状です。
今回はの講演はCEOと共に操業に携わった役員の方からでしたが、夢を持ってとても熱い、迫力のある講演でした。食えればいいから立ち上げ、今や中国の国民を幸せにしたい。「お出かけ」をキーワードにあらゆるお出かけのライフスタイルに切り込んだコンテンツを開発していくとの話でした。

場所を移動し、杭州にある「アリババ」へ。
アリババは簡単に言うと、中国版のAmazonです。
中国での足元人口13億人の指示を得て、11月11日の独身の日にはたった一日で世界最高の売上を記録しており、もはや社会現象となっております。
364C764C-C07E-4318-9C36-E7819C8C0B8A.jpeg
アリババは先述のWeChatPayと同じようにAliPay(アリペイ)を持っております。
ネットでの買い物も、スーパー、デパートあらゆるところでAliPay(アリペイ)が使われております。中国に住んでいるいる人にWeChatPayとAliPayはどう使い分けているのか?を問うと、AliPayは比較的高単価の買い物や高級レストランなどで使い、低単価のものはWeChatPayを使うとのことでした。人によると思いますが、こんな感じです。
B0F1DCFB-0278-4009-86E8-01775963F4E2.jpeg
アリババの社屋はまるで大学のように広大な敷地に建物が幾棟も建っており、正直迷います。お昼はここの社員食堂で頂きました。感想は「・・・」w
続いてアリババのCEO「Jack馬(ジャック・マー)」書房というところへ。
降りしきる雪の中、ここはアリババの迎賓館のようなところでした。
ここで、アリババに10年勤務する王さんという女子から講演してもらいました。なんでも、この場所で講演するということが初めてらしいです。
ここではアリババの役員会議も行われているそうで、意思決定場所であるとのことでした。

この後、中国版の新幹線で再び上海へ戻ります。
この新幹線の駅の大きい事!そしてその人の数には驚きました。まるで福山雅治のニューイヤーコンサートのように人がひしめきあっておりました。ホームに降りるゲートが決まっており、このゲートがまるで飛行場のように20カ所くらいありました。日本のようにホームへの入り口が3つか4つでは、乗る号車に間に合わなくなる人数なのです。乗る号車に合わせてゲートを決めないとおそらくダイヤも乱れるからでしょう。
DFF0E92D-7924-4233-93F4-DD5E07993B4A.jpeg
上海も雪が積もっており、そうじゃなくても渋滞する道が更に込み合って駅からホテルも通常15分くらいが1時間以上も掛りました。

他の参加者はオプショナルツアーにお出かけしましたが、私はみちのく銀行の上海事務所所長である東海林実さんと食事に出かけました。出かけたと言っても、ホテルの前の道を挟んだ向かいです。東海林さんは通算で13年も中国に住んでおり、もちろん中国語はペラペラです。また彼の兄である悟君とは中学、高校と同級生で、実さんは後輩ということです。住んで、現地で実際に仕事をしている方との話はとても刺激的でした。食べたのも四川料理の火鍋であったため、こちらも刺激的でした。
上海のど真ん中で、津軽弁で話をしている光景はとても美しいではありませんか!
881427BF-3D6E-4A33-8FE5-464272A030BC.jpeg
青森の素晴らしい人財に誇りを持ちながら、上海最後の夜、夜景を眺めながらホテルのシーツに潜り込みました。

つづく

軽未使用車 サンライズ
サンライズ 軽未使用車
軽自動車 青森
青森 軽自動車
軽自動車 弘前
弘前 軽自動車
軽 青森
青森 軽
軽 弘前
弘前 軽
posted by サンライズマン at 18:07| Comment(0) | 社長の日記