2019年01月06日

2019年「新年明けましておめでとうございます」

新年明けましておめでとうございます。

今年も元旦から初売りをしており、現在第二弾の真っ最中です。

昨年の元旦は青森市は晴れており、50数年の人生の中で初めて八甲田山から昇る初日の出を見ることができたのですが、今年は例年通り雪雲に覆われ見ることができませんでした。
三沢、八戸の友人のSNSへの投稿を見ると、見事に太平洋から昇る初日の出をシャッターに収めているので、今度は初日の出のために太平洋側で年越しする計画もにわかに立てております。
太平洋側で年越しをするにはそれ相応の理由がいるので、理由を作るためにも今年も頑張っていきたいと思います。

今年はなんといっても「新年号」に変わります。
M、T、S、Hの頭文字で始まらない年号。
可能性として残るのは「母音」から始まる年号、A、I、U、E、Oに加えて、
か行のK
な行のN
や行のY
ら行のR
わ行のW
歴史的にみると、J、B、Gも捨てがたいですね。全て音読みのようですからね。
明治の前が慶応なのでKは無いかな。。。
いったいどんな年号なんでしょうね。4月1日が楽しみです。

菅官房長官がうやうやしくお披露目するんでしょうか?
heisei.jpg
ところで私の初詣は青森本店近くの大星神社から始まり、
本社近くで、私の昔から通っている宮田の八幡宮と龍神宮と行きました。
そう、樹齢800年とも云われる銀杏の木があるところです。
miyata.jpg
そして今年初めて十和田店の近くの十和田稲荷神社に行きました。
その後弘前へ向かい弘前店の近くの弘前八幡宮で元旦初詣巡りを終了。
雪の中の運転は少し疲れましたが、店のそばの氏神様を全て参拝できたので少し達成感です。

昨年一緒に行った経営者仲間と、2月には伊勢神宮に行く予定です。
とはいえ、「お導き」がないとまたまた行けなくなるので、常に感謝の気持ちを忘れないように日々を過ごしたいと思っております。

伊集院静さんが書いた「琥珀の夢」という本にはたびたび「陰徳」という言葉が出てきました。
サントリーの鳥井信治郎氏は陰で徳を積んでいたおかげで様々な苦難も乗り越えたことも書かれています。
kohaku.jpg
「徳=成功」という方程式(もしくは関数)は必ずしも成り立たないのかもしれませんが、この世に生を受けた者の一人として、また日本人に生まれた者として徳を積むことは大切な精神性だと感じております。
尊敬するO社長も同じようなことを仰っておりました。

年号が変わろうと時代が変わろうと、弊社の経営理念にもある「普遍」を追い求めていきたいと思います。


#軽未使用車 サンライズ
#サンライズ 軽未使用車
#軽自動車 青森
#青森 軽自動車
#軽自動車 弘前
#弘前 軽自動車
#軽 青森
#青森 軽
#軽 弘前
#弘前 軽
#工具 青森
#青森 工具
#農機 青森
#青森 農機
#工具王
#みちのく農機
#工具 買取 青森
#買取 工具 青森
posted by サンライズマン at 12:10| Comment(0) | 社長の日記