2017年01月06日

暖冬少雪

暖冬なのと少雪は別。
暖冬だからといって少雪とは限らない。
と、これまでもお天気キャスターも地方気象台の人も色々と言ってきたけど、
今年ほど穏やかな正月を過ごした記憶はここしばらく無い。
穏やかという意味では、単に雪が少ないからというだけでなく、風が強くないのだ。
もっとも、晴れているおかげで放射冷却現象があり、青森市民にとっての「暖冬」ではないのかもしれないが、本当に穏やかな正月である。

私も、モノ好きな性質で、こんなに雪が無い正月が何年振りなのか?青森地方気象台へ電話で聞いてみた。
掛けたのが3日だったので、3が日の最終日、おそらく出ないのだろうな?電話にでたとしても当直で用を果たせないだろうな?と疑心暗鬼だったが、電話にはすんなり出てくれ、要望にも応えてくれました。調べるので10分ほどしてからもう一度電話を下さい。と、わたなべさんという方が親切に言ってくれました。
積雪が10cmを下回った年。ということでのお返事。
三が日で10cmを下回ったのは2007年とのこと。
おお10年ぶりか〜
ちなみに2014年が2014年が12cm、2011年が11cmだと捕捉も頂きました。ありがとうございました。

話しは変わりますが、築地初セリでは大間のマグロがまた高値つきましたね〜
¥7420万円!史上2番目!
昨年からみてもかなり跳ね上がりましたね!
それにしても「すしざんまい」は6年連続で落札。何としてでも!っていう気持ちなんでしょうね。
全国ネットのキー局を始めメディア等で取り上げるから宣伝広告料としては安いなどという人もいますが、東北には無いし、すしざんまいが無い県も多数。あっても県に1店舗などというところも多い。はたして本当に宣伝効果があるのだろうか?木村社長の男気なのか?
まあ、地元大間がフォーカスされるのは良いことだし、ありがたいことですよね。
yjimage.jpg
今年はあまり良いマグロが少なかったのが高騰の原因のひとつ。とされています。
少ないから値段が上がるのはマーケットの摂理。
阿倍さんは2%のインフレ狙いで黒田日銀総裁もそのように発言しているが未だ2%達成ならずです。
飲食店なども値段を上げたくとも、上げた途端に客離れになることも恐れて値段を上げられない。
しかし一方では資源の乏しくなっている水産品などの食材は高騰。
これはインフレではなく、スタグフレーションがおこりつつあるのでは?と思ってしまうのであります。

小池東京都知事の好きな言葉で「俯瞰」して世界をみると、世界はデフレ傾向にあるのですよ。なぜなら、世界戦争は起こらないからです。
これまでは戦争がインフレを誘導してきた歴史があります。
が、オバマさんは広島で、戦争を行う「コスト」は無意味だと言いました。アメリカ人らしい言葉だと思います。
アメリカが世界の警察役を降りたことは戦争が起こらないことを意味します。
yjimage.jpg
日本はここ20年もかけてデフレ対策してきました。
ある意味日本が世界で一番デフレ対策が進んだ国ともいえます。
トランプ新大統領の何かの発言で、円高になるような気が・・・
そうなると輸入品は安く手に入り物価は上がらない。

未使用車も希少なので値段を上げられたらいいのですが
そうもいかないので、今週も目玉は79.8万円でいきますよー!
IMG_6952.JPG
初売り サンライズ
サンライズ 初売り
軽 サンライズ
サンライズ軽
posted by サンライズマン at 19:55| Comment(0) | 社長の日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]