2017年05月23日

北欧紀行

グレートカンパニーの視察にため、21日から北欧に来ている。
現在はスウェーデンのストックホルム。

ストックホルムは14の島からなるスウェーデンの首都である。周りには海なのか、湖なのか、池なのか分からないが水辺がたくさんある。
IMG_8276.JPG
来て最初に驚いたのは物価の高さ。
ミネラルウオーターが一本\300もする。
コーヒーだって同じくらい、ミディアムサイズだと\600くらいになる。
こんな調子なので、食事も高いし、迂闊にバーにも行けない。
書き物があってホテルのバーへ行き、ブラッディメアリーを頼んだが、日本円だと\2000換算である。
およそ3倍って感じかな。

最初に訪問した会社はサムハルという会社。
障害者の雇用をし、障害者の教育をし、更にそこから卒業もさせるという。
障害の種類や内容に関わらず、「本人がやりたい仕事」をヒヤリングし、そのための可能性を自らが持つデータから探し出し、その仕事に向けて教育をする。
政府が100パーセント出資しているが、売り上げ目標も高く、更に利益も7%あげるというし、更に毎年の採用人数と毎年 お再雇用先への「卒業生数」も高くハードルが高い。
IMG_8183.JPG
同業種、同賃金の精度があるため、障害者雇用だから安く値段設定ができるなどの日本ような甘えがない。
なので、雇用している企業はあくまでも付加価値とイノベーションで戦うのだ。

この意識に高さは素晴らしい。

スウェーデンの人は幼稚園から、「我々はスウェーデン人である前に地球人なのだ」と教えられるのだという。
人口はようやく1000万人を越えたばかりなので、国内のマーケットよりも、最初から世界のマーケット、欧州のマーケットを考えているのだという。

以前訪れた時は2000年。
リオデジャネイロでの環境サミットで掲げられた「アジェンダ21」にスウェーデンでは更なる詳細事項を加えての「ローカルアジェンダ21」を掲げていた意識の高さを思い出した。
IMG_8122.JPG
北欧は東北に似た環境がある。
広い割に人口が少なく散らばっている。
ここから学ぶものが多々ありそうな気がして今回も来た。

昨年のシカゴでのゲイリー事件にならないように体調には気をつけたい。
posted by サンライズマン at 23:13| Comment(0) | 社長の日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]