2017年06月24日

「愛してる」

ワイドショー番組が
加計学園の問題や
AKB総選挙の時に結婚発言など、
どうでもいい話題でざわついている中、
一矢を放ったのが、市川海老蔵さんの妻である小林麻央さん逝去の話題だ。

小林麻央さんは自らのブログで、一緒に癌と戦う人たちに元気と力を与えたいと
様々な言葉や写真をアップされていた。
抗がん剤治療で髪が抜け、カツラを被っていることや、
お乳を母親に絞ってもらったことなど、
通常ではカミングアウトしづらい事も写真付きで上げていた勇気にも感動する。

市川海老蔵さんが記者会見の冒頭
「こんなことを皆さんに大げさにいう事でもないのですが・・・」
とものすごく謙虚に話し始めたことが私にとっては印象的だった。
六本木でパブの黒服に、灰皿に酒を淹れて飲ませたあの頃とはもう違うのだ。

息を引き取る直前に
麻央さんが海老蔵さんに
「愛してる」
と最期の言葉を残して逝ったそうである。

まるで映画のワンシーンのようであるが、
この夫婦にはあまりにも似合っている場面だと思う。
もしかすると作り話かもしれが、たといそうだとしても
それほどまでに愛しあっていた証であろう。

幼い子供さんを残して逝くのはさぞ心残りであったであろう。
子供のことに触れた最期の言葉であってもなんら不思議ではないのだが
夫に「愛してる」と告げて逝くとは実に羨ましい限りである。

私自身は歌舞伎には全く興味がなく、せいぜい新宿歌舞伎町に行ったことがあるぐらいだが
麻央さんが惚れた、市川海老蔵さんが真摯に「歌舞伎の発展に向かう姿」を
今後は見てみたいと思った。

都議会議員選挙で騒々しい時期だが
静かに送ってあげて欲しいと思う共に
麻央さんのご冥福を心からお祈りする次第である。
合掌

※なんか場違いな感じがするので、今回写真を挿入するのはやめました。
posted by サンライズマン at 11:21| Comment(0) | 社長の日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]