2017年07月01日

資質

油コントロールの脂質ではない。
生まれつきの才能や性質を示す方の資質の話し。

「大臣の資質が問われる!」
などと最近ざわつかせているのは、稲田防衛大臣。
都議選の自民党候補を応援する集会で演説し、
「防衛省、自衛隊、防衛大臣、自民党としてもお願いしたい」と訴えたため
自衛隊を政治に巻き込んでしまったからである。
福井出身のため福井の特産物であるメガネを伊達メガネで掛けているそうである。
いまや言葉が適切かどうかは分からないが「チャームポイント」にすらなっている。
元弁護士なのだから言葉にもっと慎重になるべき。
など云われているし、ごもっともだと思う。
しかし、大臣としての資質となると生まれつきの才能があったわけではなく、あくまでも
後天的に培われるべく資質なのだろうが、過去のどの党の大臣でも本当にその資質を持ち発揮できた人物は逆に少ないのではないのだろうか?
稲田.jpg
女性登用ということもあり、また、過去に幾度かこの手の発言があったこともあるせいか
とかく目立った存在であるがゆえに人一倍注目を浴びているのは否めない。
自覚もあると思うが、女性だけに大臣という多忙な職責の上、更に選挙の応援となると体力的な面もあれば精神的な面でも100%の状態で外にいられるわけではないとも思う。
女性の活躍、女性の活用というのは、単に一面だけを見て評価したりされるのであればとてもそんな社会は訪れない。
こういう事もあるよな。くらいに鷹揚な見方をしてあげる国民が増えてこないと国会議員女性比率世界50数番目の位置は変わってこないし、本当の意味での民主政治にはならないのではないかと思う。
間違った発言は撤回し謝罪すればOK!
立場上くちを滑らしてしまったのだからしょうがない。
そんな非公式な場面での「スキャンダル」で足を引っ張ろうとするのではなく、政策の論議にもっと時間を割くべきだ。
なんとか法も強行採決だとかなんとかいうが、森友学園と加計学園のW学園など、野党がくだらないネタで国会の議論を占めさせてしまったからなのではないだろうか?
kagoike.jpg
もう一人騒がしいのが自民党を離党した豊田真由子様である。
本人が様付で名乗っているのだからやはり様をつけなければなるまい。
このかたは、東大法学部卒業後、ハーバード大の修士課程を終えて厚労省に入った
いわゆるエリートである。
役職やキャリアが上の人以外は自分にとってゴミにしか見えないのだろう。
結局優しい人格というものを国会で語っておきながら、実践できない人物のようだ。
罵倒するだけじゃなく、ハンガーなどで叩くというのは完璧にパワハラである。
toyoda.jpg
「ブス」は言う人の主観で多くの人が可愛い!美人!といってもその人にとってブスであればブスなのだが、「禿げ」は事実を言っているのでマズイと思うのである。
事実を言っておとしめるのはイジメであり、いくら人にONとOFF、表と裏があるとはいえ、裏がブラックすぎる。

資質に人としての汚さが見え隠れするのとしないのとでは雲泥の差がある。
稲田大臣には(まだ?)見えないが、豊田様は汚い。

一方29連勝で単独トップになったプロ棋士藤井総太4段に対し、
ヒフミンこと加藤一二三九段は引退会見では
二つあって、
ひとつは驚くような手を差す素晴らしいセンスの持ち主
もう一つは、自分が対極のおやつの時間にチーズを食べる時、
自分が先に食べるのを待ってからチョコレートを食べた。
という礼儀正しさを評価していた。
若干14歳。正に「生まれながらにしての素質、性質、才能」を示す資質を感じる。
連勝記録もそうだが、将来楽しみである。fujii170626.jpg

新車市場 サンライズ
青森 新車市場
新車市場 青森
車検のコバック 青森
青森 車検
車検 青森
軽 弘前
弘前 軽
軽 青森
青森 軽




posted by サンライズマン at 18:40| Comment(0) | 社長の日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]