2018年06月21日

サッカーW杯 日本代表大金星!

19日のサッカーW杯、日本代表の試合は見ごたえありました。

やはり香川選手は先発起用の方が良いみたいですね。
kagawa.jpg
4月にドイツへ行った際、香川選手の所属するドルトムントへ行ってきました。
観戦ではなく視察です。
詳細は次のブログで書くこととして、まずは日本代表の勝利は素直にうれしくなりました。
地元出身の柴崎岳選手の活躍も見れて、青森県人としては誇りに思えます。
足を痛めて途中交代となりましたが、その後の報道では次の試合には大丈夫とのことで安堵しております。

さて、今回の試合を終えて、気づいたことが2つあります。
1つ目は「練習の大切さ」です。
得点した二人、香川選手と大迫選手が試合後のインタビューで話していたことは、
異口同音に両社とも「練習していたことなのでその成果が出せてよかった」とのコメントです。
oosako.jpg
やはり、練習していないことは試合では出せないものであるし、「想定して練習する」練習方法のイマジネーションの高さが私の心に突き刺さったような気がしました。
2つ目は「コンセンサスの大切さ」です。
香川選手の得点後、前半は日本の選手が守りに入ってしまいました。
前半の試合運びはほとんどがコロンビアが攻め込む日本側のフィールドで、ボールの支配率もコロンビアでした。
ところがハーフタイムを終えて後半戦に入ると一転し、ボールの支配は圧倒的に日本で、フィールドも日本が責めるコロンビア側での試合運びでした。ハーフタイムの時に、「数的有利」を確認し、責めることを確認しあい、皆でしっかり確認し合ったコンセンサスのおかげです。前半戦は、選手が内面的に思っていた空気感でのコンセンサスであったのだと思います。
冷静になり、数的有利を再認識し、戦術を変えた結果なのだと思いました。

私はサッカーにはあまり詳しくはありませんが、チームビルディングという視点から考えると、会社経営も似たような点があるのではないかと思うのです。
本田選手をはじめ、個性の強い人たちの集まりをいかに戦略をオーソライズし、戦術にコンセンサスを取ることの重要性をハリルホジッチ前監督が軽視していたとは思いませんが、それをオーソライズさせる前提であるラポール(信頼関係)形成にもしかすると少し問題があったのかもしれません。
そういう意味では、西野監督が日本人であることも含め、ものすごく目に見えにくい効果であるものの、ラポール形成がうまくいった結果なのではないかと思う訳であります。

選手同士はもちろん、監督とコーチ、監督と選手、コーチと選手の間では目に見えない感情というものは少なからず存在し、それをコントロールできる人こそがリーダーとしてふさわしいのだろうと思います。
kantoku.jpg

さあ、次はセネガル戦です。
行きつけのスポーツバーで大勢と喜びを分かち合う観戦がいいか、家で犬たちと一緒に酒を飲みながら観戦するのがいいか、その日の雰囲気で決めたいと思います。


#軽未使用車 サンライズ
#サンライズ 軽未使用車
#軽自動車 青森
#青森 軽自動車
#軽自動車 弘前
#弘前 軽自動車
#軽 青森
#青森 軽
軽 弘前
弘前 軽
posted by サンライズマン at 11:34| Comment(0) | 社長の日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]