2018年11月12日

人は二度死ぬ

「007は二度死ぬ」というタイトルの映画(007シリーズはスターウォーズに続き私が好きな映画です)があったが本文は、それとはまったく関連性がないことを予め申し伝えます。
007.jpg
友人に何名かお坊さんをしている人がおります。
弘前の禅寺の住職さんをはじめ、福島と奈良をまたにかけて住職さんをしている人もいます。

その中に女性のお坊さん「尼僧」もおります。
普段は浅虫の高野山に居て、時折和歌山の高野山へ出向くようです。
その尼僧のかたと共通の友人であったS君が先日亡くなった今年の夏のことです。
通夜の後、残った友人たちと集まりビールで献杯し、S君を偲んで飲んでいた時に、
彼女が「人は二度死ぬんですよ。一度は今回のような人間として生命の死。二度目は皆の記憶から亡くなった時。二度死なないように〇〇回忌などがあるのだと思います。」と言いました。

話しが前後しますが、通夜の席でご遺族からの依頼があり弔辞を読みました。
準備のため弔辞を筆で紙に書きこむときも涙があふれて止まりませんでした。
実はこの時、弔辞の中に私が好きな曲の歌詞の一節を盛り込みました。
「君がさよならを言わずに逝ってしまったから、私もさよならは云わない」
私たちが知らぬ間に手術を受け、そして知らぬ間に昏睡状態となったS氏は別れを告げる余裕も無く逝ってしまったことをお互いに残念だと思う気持ちと、好きな曲が流れるたびに彼を思い出すことができるだろうな。という思いからでした。

「さよならは言わない」
作詞 小田和正
作曲 小田和正

ずっと楽しかったね あの頃まわりの全てが
やさしく いつも 僕らを 包んでいるように見えた

語り合って 語りつくして あてもなく さがしてた
その道は 果てしなく どこまでも どこまでも

悲しみは やがて 消える事を知った
喜びはいつまでも 輝き続けることも

戦い続けたわけじゃない 流されてきたとも思わない
追いかけた夢のいくつかは 今この手の中にある

晴れわたった こんな日は いつでも 思い出す
飛ぶように 駆け抜けた 遠い日の 僕らの事を

こころは 今も あの時のまま
思い出に そして 君に だからさよならは 言わない

ずっと ずっと 楽しかったね

晴れわたった こんな日は いつでも 思い出す
飛ぶように 駆け抜けた 遠い日の 僕らの事を

たとえ このまま 会えないとしても
思い出に そして君に 
きっと さよならは 言わない
決して さよならは 言わない
sayonara.jpg

今朝 会社へ来る車の中でちょうどこの曲が流れ、
S君を思い出しました。
そして涙が一筋、頬を伝りました。

そんなセンチメンタルな気分にさせる今年の秋です。
aki.jpg

#軽未使用車 サンライズ
#サンライズ 軽未使用車
#軽自動車 青森
#青森 軽自動車
#軽自動車 弘前
#弘前 軽自動車
#軽 青森
#青森 軽
#軽 弘前
#弘前 軽
#工具 青森
#青森 工具
#農機 青森
#青森 農機
#工具王
#みちのく農機


posted by サンライズマン at 11:39| Comment(0) | 社長の日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]