2018年11月24日

コーヒー

コーヒーが好きだ。
日に4〜5杯は飲む。
それは今に始まったわけではない。
高校生の頃からである。
友人とサテン「喫茶店」に行きサンドイッチとコーヒーのセットを頼んだ時、なんか大人になった気分になれたのだ。
マセていたガキだった。
以前も書いたかもしれないが、学生服の下に着るYシャツにカフスボタンをして学校に通っていた。
小遣いやお年玉の大半はコーヒーに注いでいた。
とはいってもサテン通いをしていたわけではなく、自分で豆を買い自分で淹れていたのである。
まずは淹れる器具。
ドリップ.jpgドリップ.jpg
ドリップ式で飽き足らずサイフォンまで購入した。
サイフォンを購入するとアルコールランプが必要となり、その燃料としてのアルコールも常備されていた。
そしてロート(サイフォンの上部)に上がった時にかき混ぜる木製のヘラや、バースプーンなども買い込んでいた。
そして濾過するため、カートリッジにかぶせる濾過用の布などもスペアしていた。
サイフォン.jpg
その頃のデパ地下は私の憩いの場であった。
なにせ今と大きく違うのはストレートコーヒー(ブレンドされていないもの)の豆が結構売り場にあったのである。
ブルーマウンテン、キリマンジャロ、モカ・マタリ、モカ・ハラリ、コロンビア、マンデリン、セレベス・トラジャ、ブラジル、グアテマラなどなどである。
コーヒー豆.jpg
当時「コーヒー日記」なるものをつけており、それには自分でブレンドしたコーヒーの感想を、ブラックで飲んだ時、シュガーを入れた時、ミルクを入れた時に分けて書いていた。
豆を挽いてしまうと保存期間が短くなり風味も落ちるため、挽かずに購入していた。
結局、豆を挽くためのミルまでお年玉で購入。
しかし、今でこそ電動ミルであっという間に挽けるコーヒー豆であるが、手動のため結構な手間が掛った。そして挽く豆の細かさを調整するためのネジがついているのだが、これがまたすぐバカになり挽いては修理、途中で修理という具合だった。幸いうちはささやかな自動車整備工場を営んでいたため、ドライバーや代用のネジは自宅にあったのである。
挽き方(グラインドと当時は言っていた)によっても味が違い、レギュラーグラインド、ファイングラインドなど様々に試し、日記につけていた。
友人が遊びに来た時もコーヒーを淹れて、飲むときのマナーなどを指南したものである。
いまだに時折見かけるが、コーヒーに砂糖、ミルクを入れかき混ぜたスプーンをカップに入れたままコーヒーを飲むなど、そんなダサい真似は高校時代からしていないわけである。
ちなみにコーヒーはカップの手が飲む人に向かって左側に置かれる。
cup.jpg
これはカップの模様をまずは飲む人に見せるという事らしい。それを人差し指で引っかけ、手前を経由してくるりと回し右側に持ってくる。スプーンも手前側に置かれている。手前側に置かれてあるスプーンは使っても使わなくてもカップと反対側のソーサーに置く。かき混ぜに使えばカップは少しコーヒーのしずくで汚れることにはなるが、だからと言ってそのスプーンを口に運んで舐めるなどというはしたない真似はしない。
そして香りを嗅いで、至福の悦びを味わい飲む。ブラックで飲むと、下に少し苦みが残る(グラス)が、それがまもなく甘味に変わる。そしてそこから鼻に抜ける香を楽しむ。やさしいひとときである。

つづく


#軽未使用車 サンライズ
#サンライズ 軽未使用車
#軽自動車 青森
#青森 軽自動車
#軽自動車 弘前
#弘前 軽自動車
#軽 青森
#青森 軽
#軽 弘前
#弘前 軽
#工具 青森
#青森 工具
#農機 青森
#青森 農機
#工具王
#みちのく農機
#工具 買取 青森
#買取 工具 青森
posted by サンライズマン at 19:02| Comment(0) | 社長の日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]