2018年11月28日

コーヒーU

ブレンドを自分で配合しては飲むことに飽き足らず
今度はコーヒーのアレンジにも興じた。
今でこそカフェラテは一般的であるが、当時(昭和50年代)には無かった(と記憶している)。

チョコレートを溶かし込んで作る「ホットモカ・ジャバ」や
ブランデーをスプーンの上の角砂糖に沁みらせ、それに火を点けてフランベしたものを混ぜて飲む「カフェ・ロワイヤル」など様々試してみた。
ロワイヤル.jpg
中でも一番得意で好きなのは「ウィンナーコーヒー」である。
最初レシピ本でタイトルだけ見た時に一番に惹かれた名称である。
誰でもとは云わないが、当時高校生で肉が好物な頃である。
当然ウィンナーと聞けば、赤いタコを作るウィンナーソーセージで、
コーヒーにそれが浮かんでいるのか?
それとも竹串で刺したウィンナーソーセージでかき混ぜるのか?
ウィンナー1.jpg
と連想したが、実際は
ホイップクリームをコーヒーに浮かばせたものである。
それにオレンジの皮を少し擦って粉状にふりかけ、更にシナモンパウダーを振りかける。
大抵はこの辺で終わるのだが、私はシナモンスティックでかき混ぜて飲んでいた。
シナモンが嫌いな人も多いので嫌いな方には想像すのが難しいかも知れませんが、
コーヒーとシナモンが混じった香りが鼻から抜ける香りは最高です。
品物(しなもん)が違いますwww
Win2.jpg
オーストリアのウィーン風のコーヒーという意味らしい。
2005年JC卒業のこの年、JCI世界会議がウィーンで行われそれに参加した。
その際、時間のある時に真っ先に訪れたのがカフェだった。
ザッハトルテと共に飲むコーヒー。これこそがウィンナーコーヒーの原点か!
と一人興奮したのを今でも思い出す。

まるで話が変わるが、最近コンビニでもコーヒーが売られている。
正直なかなか旨いと思っている。特に好きなのはセブンイレブンのキリマンジャロだ。
レギュラーのコーヒーとたった¥10の違いでキリマンジャロが飲めるのは嬉しい。
ローソンもなかなか旨い。先日レジ奥の壁に「ブルーマウンテンNo1 ¥500」とあり、少し躊躇したが飲んでみた。旨いとは思うが・・・
この「・・・」は何か?
器です。
キリマンジャロは10円の違いでもきちんとそれと分かる明らかに色の違うカップで飲むが、ブルーマウンテンはいつものマチカフェのカップだった。
7-11.jpg
コーヒーブログ@の方でも話したが、本格的にコーヒーにこだわる喫茶店は器を見せるところから始まる。
10円の差で違う色のカップと400円の差で同じカップではやはり飲んでる気分からして違う訳である。
「セブンイレブン♪いい気分♪♪」はCMソングだが、その通りだと思った。

この度お客様アンケートで「販売側のお客さんには陶器の器で、お菓子付き、オイル交換のお客さんには紙コップでお客さんを粗末にしているのでは?」というご意見を頂いた。無記名ではないアンケートなのでこのようなご意見は誠にありがたい。
理由としては待ち時間と客数の差で、販売のお客様は日に多い時でも20組ほどで最低でも一時間以上は店内にいらっしゃるのでという理由から陶器の器とちゅいーるという障害者施設で作られたクッキーをお出ししている。一方でオイル交換と車検のお客様は一日に多いときですと50組ほどご来店される。現スタッフの数から全てのお客様に飲み物サービスが均等に行き渡らないためセルフサービスという形になっている。決して粗末にしているわけではないのだが人を増やすと料金をあげなきゃいけなくなるし、販売側の飲み物も紙コップにするべきか頭が痛いところである。
頭痛.jpg

#軽未使用車 サンライズ
#サンライズ 軽未使用車
#軽自動車 青森
#青森 軽自動車
#軽自動車 弘前
#弘前 軽自動車
#軽 青森
#青森 軽
#軽 弘前
#弘前 軽
#工具 青森
#青森 工具
#農機 青森
#青森 農機
#工具王
#みちのく農機
#工具 買取 青森
#買取 工具 青森
posted by サンライズマン at 16:09| Comment(0) | 社長の日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]