2018年02月26日

稀有と運命

麻雀の役で、「大三元」というのがあります。
「白(はく)」という牌と「中(ちゅん)」という牌、そして「發(はつ)」という牌がそれぞれ三つずつそろう「暗刻(あんこう)」という形になることで、役満とい点数が非常に高い役です。
出現確率が0.03%と普通の役が20%前後なのに対して非常に低い確率です。
私もこれまでの人生の中で自分でこの役であがったのは2度しかありません。
もっともそんなに頻繁にやっているわけでもありませんので日常的に麻雀をやっている方はもっと多くの回数であがってはいると思います。
大三元.jpg
今回中国へ行き、ガイドさんの話でこの大三元の語源を聞くことができました。
※諸説あるとは思いますが・・・一応エクスキューズしておきます

中国の昔、科挙といって高級国家公務員のような資格を取る試験がありました。
三段階あったそうでそれぞれ郷試、会試、殿試といって、試験の1位の人に元という称号が与えられるのだそうです。それぞれ「解元」「会元」「状元」と言ったそうで、この三つの試験で全て1位、つまり元を取った人は1300年の歴史で13人しかいないそうです。
麻雀の役満と同じで、滅多に出ないことの意味で、役の名称にも大三元が使われたとか。
1300年で13人だと年の確率では0.01%と麻雀の大三元よりも低い確率です。
試験が年に一度だとしての計算ですので、年に数回行われていたとすればもっと低い確率ということになります。
大三元の科挙はその後どうなったのかは知る由もないのですが、歴史に名を遺したということも聞かないので国を治める能力とはまた別な才能だったのかもしれません。

平昌(ピョンチャン)五輪は昨日閉会しましたが、日本勢は冬季五輪過去最高の13個のメダルを獲得しました。どのメダルにもドラマチックな出来事があり、マスコミもそれに至った背景などにクローズアップし感動を呼び起こします。どの選手も「周りの人たちに支えられ、皆さんに感謝します」と言っており選手以外にもたくさんの人たちがメダル獲得へ向けて多くの努力があったことが伺えます。
今回惜しくもメダルに手が届かなかった人たちや、オリンピック出場に至らなかった選手やそのサポートの人たちを含めるとかなり多くの人たちが日本のスポーツ振興に寄与していることは容易に想像できます。
小平.jpg
日本に一番最初にメダルをもたらした男子モーグルの原大智選手は、ワールドカップも含めて表彰台に上がったのが今回の五輪が初めてという珍しいケースだし、姉妹で金メダルの高木姉妹も珍しいし、そんな子を持つ親も珍しいことでしょう。
私はどれをとってもそれぞれの運命なのだと感じています。
運はまるで天から降ってくるようなものとお考えの人も多いと思いますが、私の運の考え方は「ひとつ上のことに一生懸命になること」で運はおりてくる。というものです。
五輪のメダリストは一様に「皆様に感謝します」と言っていますが、皆さんのために頑張ったわけではではないと思います。もっと言えば、見ている人の感動のために本人たちは頑張っているのではないということさと思います。もちろん人のために頑張ることはエネルギー源でもあり、肥やしになることはあっても、あくまでも自分のためにじゃないと数々の挫折を受け入れ気持ちを変えるという「意志」が出て来ないと思うのです。誤解の無いように、人に感謝できることはとても素敵なことであり、自分の成長の証でもあるということも申し添えましょう。

アランの幸福論に「悲観主義は気分からくるものであり、楽観主義は意志によるものである」とあります。意志こそは自らの思いであり、その意志が自らの運命を切り拓くものであると信じております。

水に意志はないと思いますが、水が流れるのは地球が引力という意志があるからではないでしょうか?
揚子江は、あるところでは北に流れ、あるところでは南に流れ、あるところでは西にすら流れています。しかし、大きくみると、かならず西から東へ流れています。
森は海の恋人と云われるように、山から海に流れた水は豊富な養分を含んで海の魚介類を育てます。
それを食べて人間は生きています。
食物連鎖の頂点にいる人間だけが自らの意志をコントロールできるのです。
揚子江.jpg
世のなかは人間の意志により生成発展してきました。気分に流された時も、あるがままを受け止め、自分の意志に変えることができる人が結果良かったと言える運命をたどるかもしれません。

平昌五輪に出場した選手の皆様、本当にお疲れ様でした。次回の五輪は東京。冬季は北京。
大三元の活躍を楽しみにしております。



軽未使用車 サンライズ
サンライズ 軽未使用車
軽自動車 青森
青森 軽自動車
軽自動車 弘前
弘前 軽自動車
軽 青森
青森 軽
軽 弘前
弘前 軽
posted by サンライズマン at 12:44| Comment(0) | 社長の日記

2018年02月25日

上海視察紀行W

最終日は朝から参加者が一同に会しての振り返りタイム。
主催がコンサルティング会社なので、それなりに理由をつけてまとめる。
これがまた実に上手い。
とはいえ、コンサルティングとはその会社の今に合った最適なアドバイスをすることで、総花的な話はうちに合うかどうかという点でいくとかなりの相違はある。
一方で、うちはまだまだそのレベルではないともいえる。

ところで日本に来る中国人はマナーが悪いなどと揶揄されがちではあるが、現地にいると決してそんなことは無い。
日本の文化を中心に置くとそう見えるだけであるのだと思うし、思うに生活習慣や、国の慣習が異なることに対する違和感をマナーが悪いと言っているだけのように思える。
日本に於いても渋滞時にGSから出てきた車を入れてあげても手を挙げてお礼の意思を示すなどもしないで当たり前のように割り込む人の方がよっぽどマナーが悪いと思う。
車窓からゴミを捨てる奴などもはや論外である。

昼を上海の昔からの繁華街というところで経営者仲間と楽しく食べ、上海空港まではなんとリニアモーターカーで行った。
A6D3094A-6F1E-4822-A3DB-25B7ED1F34A3.jpeg
時速400キロを超えた時はさすがに車窓からの景色の流れ方が日本の新幹線とは違うことが一目瞭然だ。
そして、新幹線との相違は振動である。
この速度での結構な振動は背中に緊張が走るのは私だけなのか?
無事に上海空港を飛び立ち日本に着くと、あの大雪は既に消えておりむしろ暑いと感じた。

上海のあの人の多さと明るさの翌日ということもあるが、大都会東京が少し落ち着いた街に感じた。

上海紀行 完

軽未使用車 サンライズ
サンライズ 軽未使用車
軽自動車 青森
青森 軽自動車
軽自動車 弘前
弘前 軽自動車
軽 青森
青森 軽
軽 弘前
弘前 軽
posted by サンライズマン at 19:51| Comment(0) | 社長の日記

2018年02月18日

上海視察紀行V

翌25日は宿泊先での講演から始まりました。
「滴滴(ディーディー)」は簡単に言えばウーバーの中国版。ウーバーは今、欧米で人気のタクシーアプリです。タクシーと言ってもタクシー会社に所属しているわけではなく、日本風に言えば「白タク」です。
中国のホテルのコンシェルジュでタクシーをお願いすると、ホテルマンはいきなりスマホを取り出します。電話を掛けるのかと思いきや、前述の滴滴(ディーディー)アプリを起動してタクシーを呼ぶのです。
駅や空港にほぼタクシーは停まっておらず、このアプリが無いとタクシーに乗れないというのが現状です。
今回はの講演はCEOと共に操業に携わった役員の方からでしたが、夢を持ってとても熱い、迫力のある講演でした。食えればいいから立ち上げ、今や中国の国民を幸せにしたい。「お出かけ」をキーワードにあらゆるお出かけのライフスタイルに切り込んだコンテンツを開発していくとの話でした。

場所を移動し、杭州にある「アリババ」へ。
アリババは簡単に言うと、中国版のAmazonです。
中国での足元人口13億人の指示を得て、11月11日の独身の日にはたった一日で世界最高の売上を記録しており、もはや社会現象となっております。
364C764C-C07E-4318-9C36-E7819C8C0B8A.jpeg
アリババは先述のWeChatPayと同じようにAliPay(アリペイ)を持っております。
ネットでの買い物も、スーパー、デパートあらゆるところでAliPay(アリペイ)が使われております。中国に住んでいるいる人にWeChatPayとAliPayはどう使い分けているのか?を問うと、AliPayは比較的高単価の買い物や高級レストランなどで使い、低単価のものはWeChatPayを使うとのことでした。人によると思いますが、こんな感じです。
B0F1DCFB-0278-4009-86E8-01775963F4E2.jpeg
アリババの社屋はまるで大学のように広大な敷地に建物が幾棟も建っており、正直迷います。お昼はここの社員食堂で頂きました。感想は「・・・」w
続いてアリババのCEO「Jack馬(ジャック・マー)」書房というところへ。
降りしきる雪の中、ここはアリババの迎賓館のようなところでした。
ここで、アリババに10年勤務する王さんという女子から講演してもらいました。なんでも、この場所で講演するということが初めてらしいです。
ここではアリババの役員会議も行われているそうで、意思決定場所であるとのことでした。

この後、中国版の新幹線で再び上海へ戻ります。
この新幹線の駅の大きい事!そしてその人の数には驚きました。まるで福山雅治のニューイヤーコンサートのように人がひしめきあっておりました。ホームに降りるゲートが決まっており、このゲートがまるで飛行場のように20カ所くらいありました。日本のようにホームへの入り口が3つか4つでは、乗る号車に間に合わなくなる人数なのです。乗る号車に合わせてゲートを決めないとおそらくダイヤも乱れるからでしょう。
DFF0E92D-7924-4233-93F4-DD5E07993B4A.jpeg
上海も雪が積もっており、そうじゃなくても渋滞する道が更に込み合って駅からホテルも通常15分くらいが1時間以上も掛りました。

他の参加者はオプショナルツアーにお出かけしましたが、私はみちのく銀行の上海事務所所長である東海林実さんと食事に出かけました。出かけたと言っても、ホテルの前の道を挟んだ向かいです。東海林さんは通算で13年も中国に住んでおり、もちろん中国語はペラペラです。また彼の兄である悟君とは中学、高校と同級生で、実さんは後輩ということです。住んで、現地で実際に仕事をしている方との話はとても刺激的でした。食べたのも四川料理の火鍋であったため、こちらも刺激的でした。
上海のど真ん中で、津軽弁で話をしている光景はとても美しいではありませんか!
881427BF-3D6E-4A33-8FE5-464272A030BC.jpeg
青森の素晴らしい人財に誇りを持ちながら、上海最後の夜、夜景を眺めながらホテルのシーツに潜り込みました。

つづく

軽未使用車 サンライズ
サンライズ 軽未使用車
軽自動車 青森
青森 軽自動車
軽自動車 弘前
弘前 軽自動車
軽 青森
青森 軽
軽 弘前
弘前 軽
posted by サンライズマン at 18:07| Comment(0) | 社長の日記