2019年01月28日

コーチ

大坂なおみさんが、全豪オープンテニスで優勝しました。
世界ランキングも1位となり、実質現在はテニス界の女王となりました。
決勝の試合、最後のサーブを決めた時、鳥肌が立ち、凄さ、強さ、速さ、という単語が複雑に入り混じってなぜか感涙してしまいました。
naomi.jpg
強くなった要因のひとつにメンタルが強くなった。と言われております。
あと1本落とせば試合に負ける場面もあり、そこから立ち直ってのゲーム奪取は正にメンタルの強さだと思います。
大坂さんは、決勝戦を振り返り、有利に進めていた2セット目を落としたことに「まだ勝っていないのに、勝った気になっていた。(トイレットブレイクの時)自分は今、世界で一流の相手と戦っているんだ。と謙虚になった」と言っておりました。
「良い時も悪い時もある。悪い時の自分を、ベストの事ができない自分を責めるのではなく、悪い時にできるテニスをすることだ。」とも言っておりました。

若干21歳。メンタルを強くすることが、ここまで人を大人にするのだなあとつくずく思った次第でございます。

テニスはメンタルのスポーツとも言われております。
コート上では個VS個で、コーチからのアドバイスもメジャー大会では禁止されております。
一発のベストショットが、一発のアンフォースドエラーが試合の流れを変えたゲームが今回の全豪でもたくさんありました。
見ているこちらもメンタルが強くないと見ていられないので、ファンをも巻き込んでメンタルを強くするスポーツでもあると思いました。(笑)

大坂さんのメンタル強化の礎となった人がコーチであるサーシャ・バイン氏です。
そのイケメンから出される言葉の引出しの多さは群を抜くそうです。
sa-sha.jpg
Coach コーチは大きな馬車の意味です。
有名ブランドのコーチのロゴやシグネイチャーに使われているのも馬車です。
馬車は「目的地に連れていく」ことからコーチはその人の目的まで導く人であるわけです。
サーシャコーチは正に大坂なおみさんを全米、全豪の優勝へと導き、ランキング1位まで導いた最大の功労者なのだと思います。
心を支え、気持ちを変化させ、実行に移させる。
これは言うまでもなく簡単なことではありません。
絶大なる信頼関係と共通の目的がないことには成しえないことでもあります。


実は私自身はそんなにテニスに興味があったわけではありません。
私の妻がかつてテニスプレーヤーであり、テニスの指導者であるため、彼女が家のTVにWOWOWを導入し頻繁にテニスを見るため、私も見るようになっただけです。
wowow.jpg
最初は、「民放で面白いのやってるのに」「地震速報もわからないよ」と言っていました。
しかし、プレイヤーだった人の専門的な解説付きでみるそれは、全く違った角度から見ることが出来ました。
訳あって現在コートに立つことができない彼女にとって、大坂なおみさんの活躍や、錦織圭さんの復活と活躍はとても勇気づけられております。
彼女が時々、大学時代のテニスの監督が言った言葉を思い返すように言う時があります。
人生の時々に、監督がコーチとして云った言葉が思い返されるのでしょう。
同じように大坂なおみさんも守破離という観点から、サーシャコーチから離れる時が来ることでしょう。
しかし、心の持ち方、気持ちの変え方をスキルとして身に着けた者はやはり強いのだと思うのです。
大坂さんは今そのスキルを完全に身に着けようとしており、テニス自体もますます強くなることでしょう。
guts.jpg
サーシャコーチが「ハングリー精神だけは教えることができない。しかしなおみは既に強くもっている」と言っておりました。
かつてのシュテフィ・グラフ選手がグランドスラムを達成したように、全豪、全仏、全英、全米と4つの優勝カップにキスをしている大坂なおみさんが楽しみです。
kiss.jpg

#軽未使用車 サンライズ
#サンライズ 軽未使用車
#軽自動車 青森
#青森 軽自動車
#軽自動車 弘前
#弘前 軽自動車
#軽 青森
#青森 軽
#軽 弘前
#弘前 軽
#工具 青森
#青森 工具
#農機 青森
#青森 農機
#工具王
#みちのく農機
#工具 買取 青森
#買取 工具 青森
posted by サンライズマン at 17:25| Comment(0) | 社長の日記

2019年01月06日

2019年「新年明けましておめでとうございます」

新年明けましておめでとうございます。

今年も元旦から初売りをしており、現在第二弾の真っ最中です。

昨年の元旦は青森市は晴れており、50数年の人生の中で初めて八甲田山から昇る初日の出を見ることができたのですが、今年は例年通り雪雲に覆われ見ることができませんでした。
三沢、八戸の友人のSNSへの投稿を見ると、見事に太平洋から昇る初日の出をシャッターに収めているので、今度は初日の出のために太平洋側で年越しする計画もにわかに立てております。
太平洋側で年越しをするにはそれ相応の理由がいるので、理由を作るためにも今年も頑張っていきたいと思います。

今年はなんといっても「新年号」に変わります。
M、T、S、Hの頭文字で始まらない年号。
可能性として残るのは「母音」から始まる年号、A、I、U、E、Oに加えて、
か行のK
な行のN
や行のY
ら行のR
わ行のW
歴史的にみると、J、B、Gも捨てがたいですね。全て音読みのようですからね。
明治の前が慶応なのでKは無いかな。。。
いったいどんな年号なんでしょうね。4月1日が楽しみです。

菅官房長官がうやうやしくお披露目するんでしょうか?
heisei.jpg
ところで私の初詣は青森本店近くの大星神社から始まり、
本社近くで、私の昔から通っている宮田の八幡宮と龍神宮と行きました。
そう、樹齢800年とも云われる銀杏の木があるところです。
miyata.jpg
そして今年初めて十和田店の近くの十和田稲荷神社に行きました。
その後弘前へ向かい弘前店の近くの弘前八幡宮で元旦初詣巡りを終了。
雪の中の運転は少し疲れましたが、店のそばの氏神様を全て参拝できたので少し達成感です。

昨年一緒に行った経営者仲間と、2月には伊勢神宮に行く予定です。
とはいえ、「お導き」がないとまたまた行けなくなるので、常に感謝の気持ちを忘れないように日々を過ごしたいと思っております。

伊集院静さんが書いた「琥珀の夢」という本にはたびたび「陰徳」という言葉が出てきました。
サントリーの鳥井信治郎氏は陰で徳を積んでいたおかげで様々な苦難も乗り越えたことも書かれています。
kohaku.jpg
「徳=成功」という方程式(もしくは関数)は必ずしも成り立たないのかもしれませんが、この世に生を受けた者の一人として、また日本人に生まれた者として徳を積むことは大切な精神性だと感じております。
尊敬するO社長も同じようなことを仰っておりました。

年号が変わろうと時代が変わろうと、弊社の経営理念にもある「普遍」を追い求めていきたいと思います。


#軽未使用車 サンライズ
#サンライズ 軽未使用車
#軽自動車 青森
#青森 軽自動車
#軽自動車 弘前
#弘前 軽自動車
#軽 青森
#青森 軽
#軽 弘前
#弘前 軽
#工具 青森
#青森 工具
#農機 青森
#青森 農機
#工具王
#みちのく農機
#工具 買取 青森
#買取 工具 青森
posted by サンライズマン at 12:10| Comment(0) | 社長の日記

2018年11月28日

コーヒーU

ブレンドを自分で配合しては飲むことに飽き足らず
今度はコーヒーのアレンジにも興じた。
今でこそカフェラテは一般的であるが、当時(昭和50年代)には無かった(と記憶している)。

チョコレートを溶かし込んで作る「ホットモカ・ジャバ」や
ブランデーをスプーンの上の角砂糖に沁みらせ、それに火を点けてフランベしたものを混ぜて飲む「カフェ・ロワイヤル」など様々試してみた。
ロワイヤル.jpg
中でも一番得意で好きなのは「ウィンナーコーヒー」である。
最初レシピ本でタイトルだけ見た時に一番に惹かれた名称である。
誰でもとは云わないが、当時高校生で肉が好物な頃である。
当然ウィンナーと聞けば、赤いタコを作るウィンナーソーセージで、
コーヒーにそれが浮かんでいるのか?
それとも竹串で刺したウィンナーソーセージでかき混ぜるのか?
ウィンナー1.jpg
と連想したが、実際は
ホイップクリームをコーヒーに浮かばせたものである。
それにオレンジの皮を少し擦って粉状にふりかけ、更にシナモンパウダーを振りかける。
大抵はこの辺で終わるのだが、私はシナモンスティックでかき混ぜて飲んでいた。
シナモンが嫌いな人も多いので嫌いな方には想像すのが難しいかも知れませんが、
コーヒーとシナモンが混じった香りが鼻から抜ける香りは最高です。
品物(しなもん)が違いますwww
Win2.jpg
オーストリアのウィーン風のコーヒーという意味らしい。
2005年JC卒業のこの年、JCI世界会議がウィーンで行われそれに参加した。
その際、時間のある時に真っ先に訪れたのがカフェだった。
ザッハトルテと共に飲むコーヒー。これこそがウィンナーコーヒーの原点か!
と一人興奮したのを今でも思い出す。

まるで話が変わるが、最近コンビニでもコーヒーが売られている。
正直なかなか旨いと思っている。特に好きなのはセブンイレブンのキリマンジャロだ。
レギュラーのコーヒーとたった¥10の違いでキリマンジャロが飲めるのは嬉しい。
ローソンもなかなか旨い。先日レジ奥の壁に「ブルーマウンテンNo1 ¥500」とあり、少し躊躇したが飲んでみた。旨いとは思うが・・・
この「・・・」は何か?
器です。
キリマンジャロは10円の違いでもきちんとそれと分かる明らかに色の違うカップで飲むが、ブルーマウンテンはいつものマチカフェのカップだった。
7-11.jpg
コーヒーブログ@の方でも話したが、本格的にコーヒーにこだわる喫茶店は器を見せるところから始まる。
10円の差で違う色のカップと400円の差で同じカップではやはり飲んでる気分からして違う訳である。
「セブンイレブン♪いい気分♪♪」はCMソングだが、その通りだと思った。

この度お客様アンケートで「販売側のお客さんには陶器の器で、お菓子付き、オイル交換のお客さんには紙コップでお客さんを粗末にしているのでは?」というご意見を頂いた。無記名ではないアンケートなのでこのようなご意見は誠にありがたい。
理由としては待ち時間と客数の差で、販売のお客様は日に多い時でも20組ほどで最低でも一時間以上は店内にいらっしゃるのでという理由から陶器の器とちゅいーるという障害者施設で作られたクッキーをお出ししている。一方でオイル交換と車検のお客様は一日に多いときですと50組ほどご来店される。現スタッフの数から全てのお客様に飲み物サービスが均等に行き渡らないためセルフサービスという形になっている。決して粗末にしているわけではないのだが人を増やすと料金をあげなきゃいけなくなるし、販売側の飲み物も紙コップにするべきか頭が痛いところである。
頭痛.jpg

#軽未使用車 サンライズ
#サンライズ 軽未使用車
#軽自動車 青森
#青森 軽自動車
#軽自動車 弘前
#弘前 軽自動車
#軽 青森
#青森 軽
#軽 弘前
#弘前 軽
#工具 青森
#青森 工具
#農機 青森
#青森 農機
#工具王
#みちのく農機
#工具 買取 青森
#買取 工具 青森
posted by サンライズマン at 16:09| Comment(0) | 社長の日記