2017年11月30日

大相撲

大相撲の横綱日馬富士が貴ノ岩へ暴行を行った。
haruma.jpg
「横綱の責任として本日をもって引退させて頂きます」が昨日のニュース。

法治社会である日本が暴力は犯罪であると法律で決まっているのに、一部の世界だけは大丈夫という訳は無い。
会見で日馬富士は貴ノ岩へ謝罪していない。
その場に居合わしたモンゴル人力士同士で手打ちになっていたのに、貴乃花親方が被害届を出して大げさにしてしまった。
自分の部屋の力士が他の部屋の力士に頭を縫うほどの怪我をさせられ力士生命を危ぶまれているのだから引退は当然だ。
日馬富士は普段酒癖は悪くない。
ビール瓶では殴っていない。が、カラオケのリモコンでは殴った。
スポーツの世界では多少の体罰は有り得るのだから引退までは必要ないのでは?
真面目な力士(日馬富士)だからもったいない。
などなど賛否両論である。
更に今日になって横綱白鵬が、「貴乃花親方が巡業部長のうちは巡業に参加しない」などと今度は駄々をこねているようで益々論議が多様に続きそうだ。

「多様」今はやりのことばだとダイバシティとでもいうのだろうか。
多様な意見を言うのは勝手なのだが、多様な意見を取りまとめる人がいない。
会社であれば、社長などの経営陣がその取りまとめ役となるのだが、話題の多様性に関してはもっぱらマスコミかネット上のSNSなどで、要は「いい放し」なのである。

日本の国技に外国人。
そもそもこれもどうかとも思うが、現実はモンゴル人力士が今の大相撲人気を支えているといっても過言ではないだろう。
彼らモンゴル人力士もそういう自負は少なからず持っているはず。
外国人に日本人として。。。とか横綱の品格。。。などこれもまた曖昧な価値観であてはめてみてしまっていいのだろうか?
ようやく出てきた日本人横綱の稀勢の里は、横綱初土俵で優勝をした翌場所から4場所連続の休場。
この原因を作った怪我の相手も日馬富士だったとなればますます話は混迷するだろうか?笑

東京へちょくちょく出張に行く。
行けば必ずと言っていいほどコンビニに立ち寄る。
そこにいる店員さんで胸の名札に日本人の名前が入っている人が少ない。
多くの外国人で今の日本経済が回っているのが現状なのだ。

大相撲が国技ならば、国民はそれを守ろうとするベクトルに向かわなければならない。
外国人力士を云々する以前に、現状、彼らが時代の只中で大相撲の伝統を紡いでいることは確かである。
顕在化したことを対岸の火事のように論ずるのではなく、憲法改正と同じように「国技を守る」という目的に向かって議論が行われるべきではないか?
hakuho.jpg
万歳をした白鵬を一方的に訓告や注意を与えるのではなく、一人の外国人としてなぜそうしたのか?彼の「価値観」ということを表面に出さなければ、およそダイバシティな環境づくりは出来得ない。
daibasithi.jpg
単一民族が跋扈し、幅を利かせていたかつての日本とは現実が変わってきているのだ。
国技だからこそ、そういったイノベーションを積極的に取り入れて発信することが、国技として日本人に影響を及ぼす。国技が国技たる所以を私はそんなところに求めたい。
そういう私も一方的なブログでの発言をご勘弁。
kokugikan.jpg

軽未使用車 サンライズ
サンライズ 軽未使用車
軽自動車 青森
青森 軽自動車
軽自動車 弘前
弘前 軽自動車
軽 青森
青森 軽
軽 弘前
弘前 軽


posted by サンライズマン at 20:11| Comment(0) | 社長の日記

2017年10月08日

やっちゃった!

「やっちゃえ!日産!」の日産自動車が
まさかの
「やっちゃった! 日産!」になってしまった。
nissanimage.jpg
生産後の完成検査において、無資格の検査員が検査し、それを製品として販社に送り出してしまったのである。
本当の検査員の印鑑を使い回していたと言うのだから、検査員の数は当然生産工場では把握していないはずはなく、 休みのシフトなどで計画してるのは当然であり、管理者が知らないはずは無い。組織ぐるみの失態となるのではないだろうか?

日産は完成検査を不適切に行なっていた期間に生産され、世に送り込まれた車116万台とい史上最大のリコールを申請する事となった。

運良く弊社がメインとする「軽自動車」は対象外である。
日産デイズは三菱EKワゴンと同型車種で、三菱の工場で生産されているからである。

迷惑を被るのは、ユーザーはもちろんのことだが、車を売ることができない販社、いわゆるディーラーである。

このニュースが出たその日の新聞に、日産のチラシが織り込まれてきており、こんなことが起こるなど予想もしていないで新聞に織り込んでしまったディーラーさんには正に気の毒としか言いようが無い。

一方でディーラーさんは大量のリコールを受け付けることになる。
これはものすごく忙しくなるのと反面、メーカーからリコール作業を施した料金が振り込まれる。
ユーザにとってはいい迷惑だが、ディーラーの整備収入が上がるという痛しかゆしの状態でもある。

弊社において言うと、弊社の東バイパス店は陸運局の指定工場である。
これは陸運支局に車検のために車を持ち込まなくても検査員の検査によって車検が取れるという事だ。
なので日曜祭日でも車検が取れるのである。
もちろん、検査員がいない日はそれが出来ない事となり、弊社でも一つの車検整備工場に複数の検査員を配置して検査員の休みのシフトに対応している。
適合証発行の印鑑なども鍵のかかる金庫に保管して厳重に管理されている。
現在観光通り店でも指定申請中で間も無く土日祝日の車検取得が可能となる。

コストカッターと言われ瀕死の日産をここまで復活させたカルロス・ゴーン氏だが、まさか大事な検査員の首までカットしたわけではあるまいが、生産現場においても、また我々の様な車検整備工場においてもその業務に携わる人材が不足していることは事実であろう。

整備士が検査員の資格を有するためには一定期間の時間が掛かる。
経験も必要なため、ただ問題が解ければいいというわけにはいかず、数年のキャリアが受験資格要件ともなっている。
弊社でも育成のための教育はもちろん、先輩検査員が色々とアドバイスをし、何名かの検査員が生まれている。

働き方改革も進めており、社員がより集中して仕事ができる様に休みはもちろん、極力残業を無くしてもいる。
周りの同業他社には申し訳ないのだが、他者がまだ煌煌と看板も店内にも灯りが灯っている中、弊社の社員は早々と帰路についている。
よりお客様に良いサービスを提供するためにもES≧CSが私の考えである。
※ES(従業員満足) CS(顧客満足)

お客様にも営業時間に関してはご理解をお願いします。
しかし、お気付きの点がございましたらどんどんお申し付けください。

青森 サンライズ
サンライズ 青森
軽 サンライズ
サンライズ 軽
弘前 軽
軽 弘前
posted by サンライズマン at 15:13| Comment(0) | 社長の日記

2017年08月30日

肖像

スリープサイクルというアプリをご存じだろうか?
人間の睡眠はレム睡眠と、ノンレム睡眠というものがあり、深い眠りと浅い眠りをそれぞれ約90分サイクルで繰り返しているというメカニズムがある。
深い眠りの時(レム睡眠)に人はよく夢をみるようだ。
ノンレム睡眠ので覚醒の準備をするみたいで、このアプリは、ノンレム睡眠の良いところで(幅30分)心地よい音楽や音で目覚めさせてくれる。

昨日火曜日は休みでもあったため、前日ブランデーを片手に、本を2冊ほど読み、床に就いたのは午前二時頃だったと思う。一応心地よく目覚める時間を逆算して6時間後の8:30にセットして寝た。
(8:30にセットすると、8:00〜8:30の間でタイミングの良いノンレム睡眠時に音が鳴る)
suiminn.jpg
朝に心地の良く無い時間に聞き覚えの無い音楽が鳴り、寝ぼけ眼(まなこ)で音を消した。
時間だけは確認できたので6時頃だったのは覚えている。
聞き覚えが無い音楽だなあ
なんだこのアプリ変だな
と聞こえた聞き覚えの無い音楽を半数しているとうとうとしてまた眠りに就いた。
と思ったら、また鳴った。
舌打ちをしながらスヌーズまでかかっていたのかよ!
と思いつつ、携帯に手を伸ばし、音を消した瞬間に何か文字がたくさん見えたのだが、
最近歳なのか目がかすんで見えなかったのでそのまま寝た。
聞き覚えの無い音楽を反芻しながら・・・

予定の時刻辺りに水の流れる心地よい音で本当に覚醒した。
しかし、イマイチ寝覚めが良くない感はあった。
睡眠のグラフが表示されるので、見てみると、6時の辺り、見事にM字になった歪な睡眠が確認できた。

TVを点けてみるとかの北の国ミサイルを発射し、わが県北海道の上空を通過し根室沖に落ちたという話題でもちきり。
その時刻が6時頃ということでようやく聞き覚えの無い音楽がJアラートであったこととつながった。
北ミサイル.jpg
By the way
昨日火曜日の8月29日は、弊社会長であり、私の父が亡くなって49日であった。
兄弟や家族と共にお寺に行き、法要を済ませ、お墓に納骨をした。
思えば荼毘に付されるその日、父が生前縁のあった思い出の場所を巡ってから斎場に行った。
その日も雨であったが、店舗の社員を始め、見送ってくれた人たちは傘も差さずにずぶ濡れで見送ってくれた。
私は普段から出張がちで、ただでさえ会長と顔を合わせることが少なく、たまに会うとニコッと微笑んで軽く挨拶をする程度だった。もちろん笑顔の奥に隠れるそれぞれのコンディションや社内の様子など微妙なニュアンスはお互いに分かっていたつもりだ。
なので、今でも時々普通にいるのではないか?と錯覚を覚えることがある。
しかし、朝夕に、自宅にある遺影に目をやるといよいよやはり亡くなったのだ。
と実感し、やはり逝ってしまったのだよ。と自分に言い聞かすことがある。
同時に創業時の創始の精神とはなんだったのか?と自問自答を繰り返す。
限られた閉鎖商圏(創業当時は商圏などという概念はなかったと思うが)において、オートバイの修理、クルマの整備、修理をして、身近にある町工場として
「人の役に立つ」「人に喜ばれる」「お困り事の解決」
などのワードが浮かぶ。

父はお人よしで、あまり争いごとは好まず(納得できないことはとことん追求したが)、売られた喧嘩もくやしさを呑んで買わないタイプだった。

ミサイルをばんばん打ち上げて自国の怖さをアピールしている黒電話頭の人は建国から3世代目の跡取り。
国民が餓死しているのに、自らは牛のように肥え、邪魔者は粛清する。
かの北の国の正式名称は「朝鮮民主主義人民共和国」という社会主義国家である。
黒電話頭の人もこの国の創設者である金日成(キムイルソン)のやり方を真似ているのだとか?
共和国とはそもそも君主が存在せず、国は国民の所有するモノという概念だ。
おじい様は晩年こそ独裁者、神様としての威厳を保ったが、そもそも国を作った時、このような国名にした理由はなんだったのか?を考えてもらいたいものだ。

それにしても、TVなどで見る限り、我が国の人たちは、ミサイルを飛ばされたことに憤りをもっているのではなく、朝早く起こされた。逃げろっつったってどこに逃げるの?
など、怒りの矛先はJアラートだ。
今朝の某新聞も逃げ場所について云々…

ボウリングはど真ん中の先にある「ヘッドピン」を倒さない限りストライクは生まれない。
まるでガターのような論議はワイドショー番組の片棒を担ぎ、スポンサーをただただ儲けさせているに過ぎない。bowring.jpg
平和だ。


新車市場 サンライズ
青森 新車市場
新車市場 青森
車検のコバック 青森
青森 車検
車検 青森
軽 弘前
弘前 軽
軽 青森
青森 軽
posted by サンライズマン at 19:45| Comment(0) | 社長の日記